読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりとマイルで旅に出たい

アラフォー女遅ればせながら陸マイル生活始めました

MeetColors! 台湾2017ウェルカムプレゼント第1弾の締切は明日まで

台湾 空港アクセス

 

 台湾観光イメージキャラクターに長澤まさみさんが就任してから、イメージが一新した台湾プロモーション。とても素敵なMeet Colors!台湾キャンペーンプロモーションフィルムを見て、台湾に思わず行きたくなってしいました。

 以前、台湾に少しハマっていた頃は、年4~5回は行っていましたが、その後別の国にハマってしまい、長らく足が遠のいてる台湾です。

 今年のGW旅行は出遅れてしまい、すでにソウル発券チケットは高額になっていますので、今年は台北発券で旅にでてみるのもいいかなと思っています。

 遅れていた桃園国際空港線が、2017年3月2日に正式開業がきまり、これまで渋滞を気にしながらのバス移動が主だった空港から市内行アクセスがさらに便利になり、気になる台湾のMeetColors! 台湾2017ウェルカムプレゼント第1弾は明日締切です。

 

MeetColors! 台湾2017ウェルカムプレゼント第1弾

プレゼント内容

  桃園国際空港-台北市内」空港バス無料乗車引換券2枚プレゼント

 ※個人旅行者

 ※1回の当選につき2枚をプレゼント(転売不可)

 ※台湾籍を除く

 ※2017年5月31日迄有効

 ※応募される週より出発日が2週間以上先の方

「桃園国際空港―台北市内」間を往復する大有バス、長栄バス、国光客運バス、建明客運(飛狗バス)が運行する片道チケット1枚につき引換券1枚を交換可能ですので、1回の当選で往復利用できます。

 ウェルカムプレゼント応募スケジュール

2016年

受付開始日時

プレゼント数

備考

第1回

2017年1月18日~24日

500名様

 受付終了

第2回

2017年1月25日~31日

500名様

 受付終了

第3回

2017年2月1日~7日

500名様

受付終了

第4回

2017年2月8日~14日

500名様

受付終了

第5回

2017年2月15日~21日

500名様

受付終了

第6回

2017年2月22日~28日

500名様

 

明日が最終締切です。

 これまでバスがメジャーだった空港と市内のアクセスが、桃園メトロ(MRT)空港線開業に伴う都心ターミナル開業もあり、大きく変わると思われます。それもあって、今回のバスチケットプレゼントキャンペーンなのかもしれませんが、往復300元程度(1000円程度)いただける観光客としてはオトクなキャンペーンです。

 第1弾とあるので、第2弾もあるのでしょうか。本土からの観光客数が絞られてしまって、日本向けキャンペーンを仕掛けざるを得ない台湾ですので、今年は台湾キャンペーンには注目必須ですね。

 参考までに、台湾桃園国際空港から市内アクセスは過去の記憶では、こんな感じです。

 

桃園国際空港から市内へのアクセス

 1.バス

 第1ターミナル:B1階、入国バス乗り場
 第2ターミナル:1階、入国ロビー北東側屋外通路乗り場

第1ターミナルを利用している主だった航空会社

中華航空、マレーシア航空、フィリピン航空、ベトナム航空、大韓航空ジェットスター・アジア航空、タイ航空、タイガー・エアー、ジンエアー、キャセイパシフィック航空、四川航空、香港ドラゴン航空、マカオ航空、上海航空

第2ターミナルを利用している主だった航空会社

中華航空JALANA、ピーチ航空、スクート航空、エアアジアシンガポール航空、オランダ航空、デルタ航空アシアナ航空、釜山航空、ユナイテッド航空

中国国際航空中国南方航空中国東方航空

 <メリット>

・空港から荷物を持たずに移動できる。

・一部バスは24時間運航。

・90~145元程度

・ホテル前や近くまで連れて行ってもらえる。

<デメリット>

・市内までは所要時間約40-70分(バス停数による)。渋滞時は1時間半以上かかる。

・降りるバス停によって、バス会社(5社)が異なるので、自分が利用したいバス会社のチケットを購入する必要がある。

・下車時に荷物が出せないことがある(下車するバス停によって荷台内の区画が分かれているので荷物を入れるときは確認、降りる際に荷物があることを伝える必要)。

・アナウンスが運転手の中国語のみなのでわかりにくい。(運転手に切符とバス停を書いたメモを見せて確認要)

 2.桃園メトロ(MRT)空港線(桃園捷運機場線)

 台湾桃園国際空港と台北駅とを最短35分で結ぶ鉄道(2017年3月2日正式開業)です。

<メリット>

・直通35分、普通45分で渋滞がないのでスケジュールが組みやすい。

・160元程度

<デメリット>

・朝6時台から夜11時台の運行であり、深夜早朝便に対応していない。

・台北駅周辺ではないホテルの場合、台北駅から移動が必要。

 まだ、乗ったことないので、こんな感じのメリットデメリットかなと思っています。

 3.エアポートタクシー

<メリット>

・ホテル前まで連れて行ってくれる。

<デメリット>

 ・1200元前後で高価である。

・空港出口の客引きタクシーは安全面で問題がある場合がある。

・公営のエアポートタクシー利用する必要がある。

 

 そして、他のブロガーさんの情報がいち早く見られるのは・・・

にほんブログ村へ

マイレージ ブログランキングへ

 .